B16バラバラ事件

わーお、

写真整理していたらこんなの出てきました

以前、鈴鹿クラブマンレースでのシビックで走ってた時のシフトミスで壊したやつです。

4速に入れるところを、2速に入ってしまい写真のような芸術品に。。

さすが現代の技術なのか?このくらいの損傷ではクランクシャフトは曲がりません。

ブロックは割れてました。

使えるところはクランク辺りくらいしかありません

オイルにもいろいろな破片混入します、掃除が大変です。

コンロッドメタルがオイル切れでぺらぺらになった時はもっと大変でした、エンジンの内部のオイルが付いてる部品全て洗浄しないと金属粉が混入していて、粉によりすぐに同じような症状でまた壊れます。

ミラージュのエンジンで、破損の破片により2回同じ壊れ方しました。

きちんと現状を理解しての作業が重要ですね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください