クーラー効かない原因の写真?

街中でカチン、カチンいいながら走る軽自動車よく見かけませんんか?

原因はいろいろありますが、ガスの高圧側が詰まり気味になり圧力スイッチが反応してコンプレッサのクラッチのオンオフの繰り返しでカチンカチンいう音なのですが、

今回は配管他からの錆で、フィルターとなる部分に錆がたまりガスが抜けなくなる状態になりクーラーが効かない状態になっていた模様です。

こんな風に詰まります。

エブリーとかは、配管内部に金属網のフィルターがありよく詰まるそうです、原因はコンプレッサー自体が摩耗して金属片がガスに混入して詰まります。

今回写真の物は、長期間使用せずが先か、経年でのサビで詰まったか?ですね。

この内部に活性炭が入ったフィルターを交換すればよいのですが、茶色いガスがしばらく循環するのでもう一度ガス交換、フィルター交換の必要があると思います。

今後の地球環境にはクーラーが必要ですね。

ただ、もう少し変換効率の良い、まったく違う発想のクーラーシステムが今後の地球環境には必要かな?と思います。

ガスでなく、ジェルみたいなものなんかを高圧噴射して圧力差も面白いかもしれませんね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください