ワーゲンバス、エンジン良く泊まる?

原因は燃料タンクの割れでした

こんなことがあるんだー、とオーナーさん

以前、他の車体にもこんなことがあり何となくわかってました

割れた原因?

アフターパーツのタンクだから鉄の肉厚が薄いため?

よくあるのですが、給油口のキャップです。

ガソリンスタンドで開けあ瞬間、ぷしゅーってありませんか?

これの繰り返しで金属疲労で割れた模様ですが

今回は、タンクが正方形から変形してるので、これの強烈版が原因でした。

ガソリンポンプは電磁ポンプで、これが真空の原因でもありますが本当の原因ではありません。

キャップからは、ガソリンが減った分空気が入る構造なのですが、たまに壊れてる車体があり、気が付かず使用してるとこんなことになります。

古い車だからなるわけでなく、新しい車でもなります。

最近は、燃料タンクの残留空気も吸引してますが、この時の電磁バルブが壊れたりするとトラブルになります。

アウディとか、パージバルブでテスターにエラー表示されますが、これですが

まあまあ壊れますねー。

割れは溶接すれば治るのですが、爆発要注意です。

溶接は、内部に水などは入れません

入れても条件次第では発火します。

発火の三要素を理解すれば普通に溶接出来ますが、注意はかなり必要です。

ワーゲンバスは、給油口の根本が良く割れます

写真にあるように割れた部分の溶接修理のついでに、パイプの振動を分散するための補強です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください