ブレーキ踏むとアイドリングが上がる?

写真は、空冷ワーゲンですがどの車種もほぼ同じ構造です

内部の円形状のゴムが破れ空気を吸います

そしてエンジンの回転が上がります。

この症状は結構多いです

以前見たのは、ブレーキが重いというベンツのGクラスです

確かに重かったですね

ブレーキマスターバックを交換したら治ったそうです。

重いはコレしかないんですけどねー、

マスターバックは、日本語でブレーキ倍力装置といいいます

その名の通り、倍力です。

意外とこの破れるゴム、修理できます

極秘ですが、何回かやったことあります

今回の写真も修理したあとです。

作動には方向性があり、ヘタる方向も決まってるようです

なので、破れ箇所を180度回転させて破れた箇所は極秘のもので接着します。

どれだけ持つの?と言われると

壊れるまでとしか言えませんが、3年は帰ってきてませんねー。

空冷ビートルのスポルトマチックという半分オートマは5年は帰ってきてません。

内部のダイヤフラムのゴムの質の状態にもよるのですがほとんどは接着できます

さらに補強もしてるのでなかなか破れません。

補強してゴムのシワになる部分をずらしてますのでなかなか同じ部分がシワにはならず破れないようです。

人生に破れたあなたも接着して、補強してさらに負けない強い精神力になり社会に戻ってはいかがでしょうか?

戻れないなら部品のように人間も捨てるだけです。

後ろを振り返っても何も得るものはありません、経験としてなら成長しますがね。

そうです、

車も

人生も

バックギヤは必要ありませーーーーーん。

ぶつかるのみです。

駐車場にどのように止めるんだよ?と疑問が出ますが

サイドブレーキターンがありまーーす。

サーキットではピットレーンではバックギヤ使うと失格になります

ここでサイドブレーキターンしたらどうなるんでしょうか??

失格になるんでしょうか?ルールにはサイドブレーキターンの記載はありません

危険行為になるのでしょうか?

危険行為とは?を解釈をよく理解すれば危険にならないのではないでしょうかーー。

ピットレーンでのサイドターンはタイヤが減るので誰もしないと思いますけどねー。