スバル360ドライブシャフト曲がり修正

できませんと言いたいのですが、部品が無いんです。

生産中止。

エンジンマウントすらないそうです。

オーナーのみなさんはどのようにしてるのか気になります

が、

マウントくらいはほかの部品の流用でなんとか作れますけどねー。

と、異音の点検中にドライブシャフト曲がりが発覚して修正しかなくなり修正です

今回の症状と、曲がりの位置的には本来は修正はできません。
内側ハブベアリングの所でまがっていて、ハブからドラムまで振ってました。

シャフトの形状的にセンターが取れない形状で、どのように修正できたかを確認することができないんです。

さあー、どうする。。

いろいろ考えたのですが取り付け部分と、ドラム、ベアリングに刺さる部分さえ曲がってなければ良いと状況的に判断しました。

なので、中間部分はS字形状かもしれませんが測定できないのでしょうがないです。

測定法は、スプライン部分のベアリングが取り付く部分2箇所から、デフに刺さるところにノックピンがあるので、ここの振りを旋盤に挟んで測定することにしました

写真のように修正しました。

5mmから、曲がりの振り幅0.1mmまでに修正しました。

0.1mm以下にはできませんでしたが、ベアリングのクリアラン、ほかのガタなどもあるのでこのクリアランスを考慮の範囲と考え、修正前の以前の寸法よりかなりましなのでこれで終わりました

縁石や、タイヤ止めなどにタイヤを当たると曲がるくらいの強度みたいですので、障害物にタイヤを当てない方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください