取り付けしたあと、カーステレオが壊れた??

こんなこと言われました

実際には、ハーネスエラーだそうです

失敗する配線ではないので何かあるとこちらは思っても、オーナーさんにはわかりませんよねー。

おまえのせいだーとは言われてませんが、現状見ると異常はなし

さー、何なんだろうか?

原因は、このモーターのシャフト固定部からの雨漏りで綺麗にカーステに雫が伝ってました。

カーステ内部を分解すると、やはり水がありました

ここまですればわかってもらったはずです

2本しか配線してないので間違いはありません、トラブルの起きる前のこのカーステ取り付けた2週間前の時にはETCの配線までついでにしてるのですが、

取り付け時に噛み込んだとかしてればヒューズが切れます

でもまさか綺麗に雫がカーステの電源管理する部分に垂れるとはねーー。

壊れなかったのが幸いですね。

ついでにワイパーモーターも分解です

写真のとおりグリスが茶色く死んでます

内部の接点は少し焼けてました

ついでなので、ワイパーの構成部品のサビを取り、ウレタン塗装して終わりです

こうしておけばワイパーモーターは最低でも5年はいじる必要はありません

たまにあるトラブルですが、オフにしてもワイパーが下の方に戻らず、途中で止まるのはモーターのトルクが死んでるか、オフにする部分の接点不良や、端子固定部のがた、などがありました。

雨漏りしてもショートしなかったのは、オーナーさんの行いが良いのでしょうか?

それとも、神様がビビるほど悪い人なのでしょうか?

どちらと思います???

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください