vwメーターバラシの手順

症状は、メーターからたまに異音がする

です

外側リングを180度分強引に傷つけないように外します

あとは回転部分の脱作業です

入力を直角に変えるギヤを外さないとメインの原因部分は外せないので、固定されている金色のブッシュを外します

ワイヤーが刺さる磁石がついたシャフトの軸のグリスが経年劣化して潤滑しないのが異音の原因です

分解後はいつもはラッカーシンナーで洗浄します

あとは、外した部分を組むだけです

しかし、最終の強引に外したリングを取り付けが問題です

今回はアルミ素材なため、プレスラインの修復はドライバーで写真のように押しながら整形してください

完成後は、電球類の接触不良が多発しますのでこの辺の接点をきれいにしてからよーく確認して終了してください。

ついでに電球交換をしたほうが良いです。

意外と切れてます

オルタネータ側のGの表示電球が切れると発電しませんので注意してください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください