7段変速自転車に直立スタンド改造、これはなかなかないでしょ

8段変速ママチャリです

これにつくスタンドは斜め倒しスタンドくらい

これを直立に止めるスタンド、ありません。

この不可能に挑戦。

試行錯誤で3時間、チャイルドシートの左右の振り幅とそれに伴うハンドリングの不安定性も考慮しての補強。

重量増加すればいくらでも補強可能ですが、軽量化しつつ強度を取る、なかなかでした。

完成後テストはやはりチャイルドが振ってしまう。

理想は完璧に振らない強度。

体重によりチャイルドの左右の振りは出ないけど、重くなると出ると実験ではなりましたが、実際に乗せながら作ったわけではないので、自分がチャイルドに乗って壊れないから強度は大丈夫ですが、継続的には何年持つんだろうか?

設計では5年は行けるような材質で製作。

あとはスタンドの固定法と、乗車時や、買い物袋等を載せてる前かごの荷重時から子供を降ろす、降りる時に不安定にならないかでしょう。

この辺は、前輪とスタンドの着地点から前輪までの距離を伸ばすことにより安定度は改善(スタンドからホイールベース?)

左右の安定度は子供の乗車位置を泥除け寸前までなるべく下げて安定化、しかし、変わらないでしょうね。

スタンドのロック状態のスタンドの角度と、解除時の角度で安定度は変わることがわかりました。

スタンドの距離を長くすればするほど安定はしますが、自転車置き場からはみ出て邪魔になる。

アメリカンバイクのようなシートポジション、重心の低下をすれば転倒しない安定化自転車が出来るでしょうね。

理論は、やじろべー理論です。

これの逆さまが旅客機です

何があっても同じ位置に戻る、航空機の主翼が上向きにV字なのがこの理由ですね。

自転車も、

なんでもやさんですね。