去年のこんなトラブル、フィルター爆発偏

写真の状態です

年末にオイル交換に来たビートル2003yなんですが、単なる交換です。

フィルターも交換したら、10秒ほどでフィルターオーリング部分が爆発

油圧のかかりすぎが原因なんですが、ミニ用、ワーゲンゴルフ辺り用なんですが、トヨタ1GやSR20、その他ベンツ103、カローラなど沢山に使ってるんですが、
変形するほど爆発でした

過去に4台か5台あるんですが、

チューニングエンジンでリリーフバルブのスプリングを強化しすぎで与圧が抜けずにフィルターに負担が掛かり抜けるんですが、

寒い時期にエンジンかけてすぐにアクセル踏んでやると抜けます。

以前やったのはメタルクリアランスの狭くしすぎでした

他は、強化オイルポンプでデカ過ぎのポンプでした

もうひとつの原因はいつも使うオイルでした。

車種により25w-50racingというのを使うのですが、これが変質しにくいオイルで、これを使うと必ず抜けてます。

質的に圧力がかかりやすいオイルなのでしょうね、確かにこのオイルでエンジンの摩耗部分での摩耗はありません。

これを入れとけば油圧が保てるから、よく回す人やイオンの多いエンジンには使います。

ではオイルのせいでしょうか?

対策でトヨタ製のフィルターを持ってるのですが、これは抜けません。

内部のプレス部分の鉄板厚みが違うのですが、ここが薄くても全然大丈夫です

結論はこのエンジンは、エンジンかけてすぐに油圧7キロを越してるということです。

実際の実験ではこのあたりが抜けたふぃるたーの限界点でした。

無駄にポンプがでかいと想像します。

油圧がありすぎてもエンジンの回転抵抗になり意味がありません

温まった状態でアイドリングで1.5kから2.5kまでで、冷間時で3kか4kくらいじゃないとダメです

これはトヨタ製で、強度があり抜けないんですよーと自慢したいのですが、この抜けたエンジンの車両は人間で言う高血圧状態です。

どこかに問題があります。

この抜けた車体のリリーフバルブ作動部分のポンプ側を分解点検したんですが全然大丈夫でした

そうなると、内部のメタルのクリアランス部分が狭いか、穴が小さい。

加工ミスなんて平気であるエンジンなので心配です、加工ミスや、メタルに変形がありクリアランスが無くなって、クランクシャフトが偏摩耗していても平気で回るエンジンなのでなかなか回転部分の異常に気がつきません。

初めから強度あるフィルター使えばよかったんだろうか?

良い勉強になりました。

みなさんなら初めから強度あるフィルターを使うか、使わないかどちらにしますか??