難病指定医療費が変わる??

採決がされ、法案成立のようですが

内容はあまり知りませんが、56の難病指定から300の難病に支援をする法案らしいんですが

正直反対です、共産主義ではありませんが

その理由は、やはり遺伝子の弱さが問題です、どんどん遺伝してしまい子孫までに受け継がれて変異することもありうるのではないかと想像します

親としての自分は良いが、子孫たちがどうなるかでしょうね

熱帯魚などは色が悪ければ捨てられてしまう

犬なども問題があれば捨てられてしまう

犬などは、近親交配が進むとか、出産回数が増えると奇形が増えると聞いてますが、生物はやはり遺伝子の継承には限りがあるのです

江戸時代などに遺伝子異常などの話が何故そんな話がなかったのかとある人に聞いてみたら、蔵に入れてたんだと。

んんんんん、なるほどーー。

以前に急性虫垂炎になり手術しましたが、これも生物としては生きてはいけない状況ではないのかとか、江戸時代などの人はこの痛みに苦しみ死んでいったんだろうなと想像しながら3件の病院で診断してもらえずもがいてました

4件目で腹膜炎??というくらいでしたが、ほかの病院では薬で散らしましょうとか、はじめの病院の先生は、胃薬をくれました

この時に一番正解の診断をしたのは、病院の帰りに乗ったタクシーの運転手さんでした

んんんんー、腸がおかしくなると胃の活動が止まるんだよねーー、これ以上食べ物を入れるなと、そうすると腸も止まるんだよねーー。

と、なんてわかりやすい説明だったか。

胃薬をくれた大きな病院に問い合わせで聞くと、間違ったことはしてませんでした。

白血球の数がおかしかったんじゃない?と聞いてもおかしくありませんでした、最後には電話を切られました。

正直に言っても結果と問題になるかなんてならないんですがねー。

難しい症状で、バイトで救急にいる先生では経験不足でなかなか診断できず申し訳ありませんで良いと思うのですが、、、。

内部情報は正確に調べられる状況だったので調べてみましたが、医療で嘘はダメですよねーー。

我が遺伝子も油物には弱く、盲腸になりやすいという結論でしたが、なぜなりやすいかは考えたことはありませんが、遺伝子は弱いんでしょうねーー。

この弱い遺伝子がどの辺りで何代目で違う病状に変化するかでしょうね。

例えるなら、植物人間が人口呼吸器で長生きするか、家族が電源を切って天に送るか、

あなたならどちらが病の本人が幸せと思えるでしょうか??

良い人は短命ともありますが、

今の時代生きることも苦痛でしょう、じいさんになり体も不自由になり、そこで長生き、周りも死んで仲間も減ってしまい一人になり、何を目標に考えて長生きするのでしょうかねーー

長生きこそが悪人に与えた試練かもしれませんねー。

病を抱えて長生き、短く太く生きる、どちらが生物にとって幸せなのでしょうか??

今後増える葬式ラッシュ、そして死後のいろいろな問題、この日本どのような時代が来るのでしょうか??

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください