ガソリンタンクセンサー

写真のガソリンタンクセンサーです

症状は、メーターが正確に上がらないです

原因は、センサーの抵抗わいやーの接続部の劣化による接点不良です

対処法はかしめで取り付けられているセンサーワイヤをはんだで接着固定しました

カシメ部で抵抗が出てしまい誤差を起こし正確に計測できないようです

この対処をしてヨシッと思い測定してみるとメータ針が最大まで2mmほど足りずが上がりません

他のセンサーでも上がらないし、アース落としでも針が上がらないため、メーターと判断しました

ガソリン残量も残り5Lを測定してメーターに表示して終了

その後は安心と思ったら、このメーター表示で残り5Lに状況でずれがあったようでガス欠してしまったらしいです

やはりメーター交換ですね

最近のメータの内部だけを使い、表面の針とパネル外側をオリジナルで使えるようにできます

まあ、早く言うと内部の針を制御するモーターのみ新品で外装は古いものを使うことが出来ます

よく言われるのが、ガソリンメーターだけきれいと言われます

車の雰囲気に合わないとかです

これにも内部のみ交換調整で対応可能です

このような加工をしてくださいの依頼は多いのでもう慣れました

このような加工を求めてる方のおかげで成り立っています

難しくややこしい依頼をいつもありがとうございます

今後も勉強して成長していきますので、もっとややこしい事の依頼をお願いします

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください