今から鈴鹿でーすが、、

明日、鈴鹿クラブマンレースが開催、

本日は、練習走行後の前日車検の為、参加者ではなく主催側で参加です

なかなか台数も増えずですが、ここ最近の傾向でドライバーの高齢化と若年化が両極端。

箱車では高齢化、フォミュラーカーでは若年化と趣味か将来目指し本気かと言うふうに分かれてます

一時の参加者減少にも歯止めがかかり、少しずつ増えてるのかな?と言う気もします

安全主義のこの世の中、現在は安全主義の人間を大企業は求めてるでしょうか??

チャレンジ精神も大事です、そうでないと衰退した世の中は変われません

変化が嫌な人は共産党に投票してください。

競争するレースは民主主義の象徴、そうでないと進歩(ゆとり世代にはあまりありませんでした)はしませんよねーーー。(