65yばす、シートチューニング

写真のシートですが、座ってみると天井に頭が当たるくらい高い。

これでよく乗れたねーと聞くと、背中まげて乗ってたと。

チューブ状のスポンジを100円ショップで買い、シートの裏から詰め込んだらしい。

原因はシートスプリングのへたりで腰痛になったのが事のほったんです。

乗ってみると、高すぎて信号は見えないし首がヘルニアになりそうでした。

これの再チューニングでした。

ばらすのに30分、折れたシートスプリング外すのに40分、これを組むのに1時間くらいかな?

へたってるスプリングにはもう一本合わせて二重にして硬さを調整します。

中央部分はこの筒状スポンジを詰め込み、外周側は2重にスプリングで硬さ調整。

外周を硬くすると乗り降りがしにくいからある程度柔らかくしてます。

この筒状スポンジはかなり使えました。

すわった感じも良い感じでした、よく発見したねーでした。

低く、柔らかく、振動時には吸収するという細かい注文だったので本人確認まで不安でしたが、ばっちりおっけでした。

二重スプリングの一部分には硬さ調整でスプリング真ん中部分にスポンジと他の物を入れてコーナリング時に真ん中に戻るような形状にしてます。

この方、注文のレベルが高いためやりがいはありますが、考えるのに苦労しますがバッチリ―を聞くとこのレベルの人間がオッケーなら普通の人なら完璧だろうなーといつも思いながら注文を聞いてます。

日々勉強です。