t-2レイト、68yステアリングギヤボックストラブル修理と失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

P1010095

かなりきついギヤかけ修理でした。

走行中にはたまにステアリングの回転が硬くなり、えっ??と思うようなハンドリングになりました。

分解結果からすると、ギヤかけの部分と部分が一致するとはまり込むのでしょうねー。

選択肢は2つでした。

中古か、ギヤ歯面を溶接修理か??

しかし、溶接肉盛修正で正規の面が出るのか??

この判断で時間がかかり、部品も並行して探したのですがありません。

どうせ中古でも歯面が荒れていたら無駄金で意味がない。

じゃー、治してみようとのオーナーさんとこちらの判断が一致したので修理することにしました。

このギヤ修理にはいろんなストーリーがありました。

まずは、工場に車体を搬入時にこのギヤがロックしてしまい、置いてあるシビックの牽引フックに当たってしまい、長さ2センチ、2ミリへこみました。

すいません、見た目はわかりにくいんですが、そんなことは言ってはいけないので、自分の失敗には責任です、塗装しました。

慎重になるときほど失敗するんですよねーー。

P1010098

P1010103

ばらしてみると、グリスを入れていたらしく、全然潤滑されてませんでした。

ギヤかけした原因はグリスのせいでしょうね。

この部分にはミッションオイルを入れてください。

オイルのメーカーにより、ステアリングの軽さが変わります。

オイルは強度をもとめるならアメリカ産ベースオイルですが、アメリカ産は柔らかい番手でもベースの分子構造が硬いのか??硬いオイルの回りかたしますが、潤滑性はサウジ産辺りに比べると熱とオイルとしての強度はかなり強いです。

P1010108

P1010115

P1010114

とこの写真のギヤボックスの修理が始まりました。

その後はチャレンジと、手工芸的な作業でした。

仕上げは納得してない歯面でしたが次回で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SIMILAR POSTS:

t-2.68yステアリングギヤボックス修正後
これが妥協してしまった作業の結果です。 ギヤの回転にはぎこちなさはありませんでした。 自分の基準で合格ラインがあるので、完成として組み付けてテストの段階で誤作動などはありませんでしたが、面の仕上げに関...
2017.嵐山ワーゲンイベントオータム18th 写真追加
このギヤの写真ですが、最近片付けをしていて出てきました。 中学生から高校生の頃に作った自作F1のギヤとショックと、アームとハブはありませんが車体はプラモデルと写真を実測して、ボディーは全てサイズを1...
t-2バス、ストレートアクスル化と他少々
加工作業中の写真です。 ミッションベアリング交換、他、 説明が長くなるので今日は短めにします。 ミッションのスペックは、リングギヤは31T/8Tですので3.87でT-1ミツション、足まわり使用ですが...
年末トラブルパート2、突然t-2クラッチが切れない??
原因は写真のメーカーの6000円くらいで買える安いクラッチカバーです。 リベットの数が少ない部品は折れます。 組み付ける人の策略?それかその時に部品がなかった? そんなわけないですねー。 始まりは、突...
レイトバスデフピニオン割れ
ブログ日々更新と部品屋さんでよく見ますが、そんな感心できることは真似ができないので、 日記気分が向いたら更新でやってます。 今日は、ある方から最近更新してませんねと電話の会話中にがありしょうがないので...