カルマンギヤ配線です

かなりの年数を放置で過ごして、接触面はほとんど死んでました

今日は点灯するが、明日は点灯しないという感じでした。

純正回路の修復でもよかったんですが、それでは劣化した端子などに抵抗がかかり回路の変更に決定しました。

主に電気を使う箇所で良いのでリレー制御にしました。

よく聞かれるのが、リレーにしてどう違うの??

と聞かれますが、以前に聞かれたので、本人の前で実験しました。

内容は、ヘッドライト左右を片方直接スイッチ回路(純正回路当時のまま)、片方リレー回路、どちらにしますか???

確かに明るさはリレーのほうが明るい、電圧はその時は0.5vの違いでした。

通過箇所もすくないし、接点抵抗が一番だったんでしょうね。

材質は銅ですが配線も酸化するので永遠ではありません。

しかし、さらに配線の実験を過去にしたんですが、50年前の配線と現代の配線、太さは5分の1現代のほうが細い線でしたが

結果は同じ、50年経ってもまあ―電圧は通す、定電圧ではあまり変わらないかもしれませんね、

しかし、取り付け場所、使用用途により劣化はするのでよく使う箇所、電圧のかかる部分は安全な現代の線したほうが走行中のトラブルはありません。

この車は、オーナーさんからはハザードリレー付スイッチがあると聞いたんですが、取付スペースと穴をあけるのが嫌だったのとたまたま穴が開いていたので、そこにはまるスイッチはマイクロスイッチ(写真では赤いスイッチ)だったので、スイッチにも断線対策をして、リレーを2つ使いウインカー回路に介入する回路を作りハザードにしました。

ここで発生するのがリレーのタイムラグ、これをなくすためのリレーと回路を作りました。

これでありがとうハザードは早く点灯するでしょうねー。

電気配線は現存回路の解読に時間がかかるためとても大変です、

とくに趣味で取付したと思われるエーモンと言うメーカーの平端子を使ってカーステレオがついてる場合はチャージランプがよくつきます。

原因は、端子の材質が柔らかく開いてしまう接点不良と回路の勘違いが多いです

エンジンのかかりが悪くなったり、最近の車ではルームランプが消えないとか、エンジンかからないとかになるのでよく調べてから作業してください、ただし、インターネットでの個人の情報はあまり信じないようにしてください、たまに間違いがあります。