1950年代??の時計屋さんをしました。

はやくしろしろと言われて本日心臓部分をバラシマシタ。

この1950年代??と思われるゼンマイ式時計。

2週間ほど前から、

置いてる位置を変えながらテスト、横向き、さかさま、縦向き、ななめなどなど。

しかし止まらなかったが、最終の横向き2回目で停止、やはりか。

軽くばらしてから2週間考え、本日さらに分解。

原因がなんとなくわかってたけどまさに的中。

これはまいった。

0.05ミリか、0.1ミリドリルが必要になるなーー。

こんな小さなブッシュどのように作ろうか??

さすがに小さい。

外径1ミリくらい、内径0.1ミリか、0.05??ミリ??

なぜこの状態なのか??

症状は機嫌のいい時は動いて、悪い時は動かない、まさにこの時計のオーナーさんと同じかも。

この原因は、カチカチと動いてる部分のワンウエイギヤの軸受けが摩耗でした。

大体時計はここがすり減ります。(写真3枚目の小さな穴が0.3ミリくらい楕円摩耗)

やはり心臓のように常に動いてるからでしょう。

対策は??

真鍮なので楕円化した摩耗ブッシュを交換が一番早い、しかし小さい。

2か所あり、1ッ箇所は修正可能、もう1ッ箇所が修正不可能。

ここからは腕次第。

編摩耗対策も完了、あとは穴あけ。

とりあえず縫い針で対応、しかしいまいち。

組み付けたら動きが悪く、始めはいいがだんだん勢力低下で停止。

まさにこの時計のオーナーさんかも??

ルーペで見ながら穴開けたけど、やはりクリアランスか?直角が出てなかったのか??

やはりへたくそです。

しかし、この程度の時計に負けてたまるかーーー

亡くなった師匠が最後に壊れた時計を買いまくり、その時計を修理しまくってた理由がわかった気がする。

もしかしたら、機械の技術者の本当の腕がわかるのが時計かも。

今日は雨が降ってたからダメだったのか?冷房25度にしてたからか??

単にへたくそなのか??

見てろよコノヤロー―、ぜんまい古時計なんかやっけてやる。(早くしないと怒られるから)