光岡MC-1改修





体中チクチクします。

FRP補修中。

もともとのボデイーも内部にひび割れがありそこからの修正です。

割れてる裏から穴をあけて樹脂を圧入するんですが、ガラス繊維がクロス状じゃないために樹脂が入りにくいです。

以前にポルシェ356の自爆の割れでは表側と、裏側に同じRの木材型を作り浮いたクロスを裏表で処理出来たんですが、

今回のボディーは繊維より樹脂のほうが多いためになかなかしみこみません。

しょうがないので違う作戦でやっつけます。

割れやすい部分は決まってるのでボディー裏側に中空フレームを作り、発砲ウレタンを注入して補強します。

発泡ウレタンは強度が出せなかったら最終的に注入しますが、最近の量産車や住宅の壁面内部など多様化されてます。

原理は、風船に空気を入れるようなものです。

ゴムだけでは強度がないため、内部から圧力をかければ強度は上がります。

こんな感じで計画してますが、まだ作業途中です。