こんなのありました

最近は相変わらずワーゲンが多いのでその1例です。

先月クラッチワイヤー切れて修理。

そして1日の日に、またクラッチが切れたみたい??と電話。

車体を取りに行くときもしかして失敗なんかないよなーー??

あれを失敗するかな??

とか考えながら、もしや内部の部品か??

到着して確認、テンションはあるしワイヤーも健全な状態。

新品のワイヤーのよりが伸びたのか??

まあいいか、どうせ工場に連れて帰るからとりあえずワイヤーの張力調整をめいっぱいに。

ん??

少し抵抗はあるが切れてない。

しょうがない、クラッチなしで帰るかー、渋滞はいやだなーーとこ思いながら。

やはり京都は桜の時期は混んでました。

しばらく走り、習慣的に切れもしないクラッチを切ってしまったとき、

スコーンと軽くなりました。

あーー、来たなー、どちらかなー、どう考えても音がしないからベアリングのほうしかないよな―――。

たまにあります金属疲労。

2本とも脱落は初めてです。

これでなぜ切れなかったか、その後に調整で抵抗があった後に軽くなったかが証明出来ました。

よく見たらわかりますが、ベアリングを前後に動かすアームの溶接部分が2本とも折れてます、

そしてミッションに転がってました。