カローラはやはり

フィールダー、やはり国産ですね

カローラフィールだー、ほとんど壊れない。

28000キロ、エアクリーナーくらいかな。

オートマオイルもそろそろ交換かなー。

しかし、この車体は新車購入時に8000キロくらいで、オーナーさんから電話があり

ちょっとみてもらえないかな――

音がするんだけど、

乗ってみると、右足から音が。

ショックアブソーバーのゴムブーツをめくると、オイル漏れ??

左側も見ると、少々オイル漏れ

これはリコールレベルじゃん。

そのままディーラーへ行って相談してくださいと言いました。

その後に電話があり、2時間くらいで治った、と。

交換しかないよなーー。

トヨタの設計辺りの人に聞いてみたら、生産台数の5ぱーせんとだたかなー??

それくらいの故障は招致らしい、それくらいの品質で生産してるらしい。

故障が出ても利益には影響なく問題ないらしい。

しかし、これがアメリカならどうなるんだろうか??

今のmade in japanはどうなってるんだろうか、品質が悪い。

これも、中国などの物価の合わない国に売るために、生産コストの削減が原因なんだろうか?

それか、世界的不景気??

しかし、生産したら売らなきゃいけない、どこの国の誰に売るんだ??

良いもの作っても物価、需要が合わなきゃ売れないんだけど、次はミャンマーあたりですかねーー??