バスがパテでしょうがないですーー。

長年進んでいないバスをある部分をやっと切断出来る方法が見つかり、

設備投資の結果、

切断できましたーー。

が、しかし結果は予想外。

安く、手をかけずに、強度を出せないかと試行錯誤でできないかと思っていたことが、

切ってみたら、

わーおー。

部分にパテが1センチ近く入ってたので、もしやと思ってたら、

事故したままのフレームにパテで埋めてるだけでした。

そのため、フロントフェーイスを修正から始めなくてはならなくなり、また中断。

何とかならないだろうか。

問題は、フロントバンパー裏のパネルの交換と、フレーム補強が出来ればいいんですが、くしゃくしゃに曲がったままのフレームに、
アーチ状にきれいに貼り付けなくてはいけない。

せっかく、当初の問題点のドアの支柱のフレームを作り変えて修正したのに、ここで問題かーー。

まあ、もう一つ考えがあるのでやってみます。

これでもダメなら、1センチ以上ありそうなパテをはがすしかないです。

結果的には、パテはいずれ裏がさびてはがれるんですけどねーー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください