夏にはきおつけて

知らないうちにこわれます、

28度以上の気温になると、空冷エンジンは熱交換の比率が保てなくなりオーバーヒートします。

オイルはギラギラで、内部部品が削れます

2年前の猛暑が効いてるのか、最近ヒートによるエンジントラブルが多いです。

かろうじて過ごしていたのでしょう。

過去にバルブクリアランスの調整ねじがめいっぱいで、調整しろがなくなり、まだかたかた音がしてるエンジンがありました。

原因はバルブリフターの頭の皿部がないのがありました

原因は摩耗による割れです。

推測ですが、原因はオイルが柔らかすぎか、質が悪く油圧が保てなかったか、バルブクリアランスが適正でなかったでしょう。

もちろんメタルもダメでした。

カムが先なのか、リフターがさきか、わかりりませんが削れてました

対策は、

きちんとメンテと

良い品を使うことです、

安い物には理由があるです。