バナゴンばらしつづき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

P1010157

P1010209

P1010169

内部は想像より汚れてませんでした。

国産エンジンと同じような感じでした。

オイルも悪いオイルを使ってないせいか洗浄もいつも通りの感じで洗浄できました。

やはり空冷は熱の問題でスラッジが付きやすいのでしょうね。

特に、シリンダーヘッドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SIMILAR POSTS:

バナゴン4日ほど
作業が中断です。 スラストメタルの発注ミスで中断です。 スラストを見ると調整シムごと編摩耗と摩擦伸びと摩耗穴。 何故だろうか?? 誰かがシム調整を間違えたのか・・? スラストクリアランスは0.07か...
カルマンギア62y燃料タンク15年放置の結末
言葉では語れないガソリンのにおい。 満タン15年くらいらしいですが 全面に5ミリくらいのガソリンと錆びの混合物たち。 しかしなぜか助かったタンク。 臭いのもとの混合物を鉄の長いヘラで剥ぎ取り、洗浄剤...
98yメキシコビートルエンジン
写真の状態です 50000キロ以前に分解したらしいんですが、開けてみたら全然部品交換出来てませんでした。 ピストントップのスラッジによりノッキングしていた模様です。 このスラッジはピストンリング摩耗...
バナゴンエンジンバラシ 2
寒くなりましたねーー、出会う人からは合言葉は、寒いなーーばかりになりましたが、 こちらでは熱いオーナーさんばかりで、その方々からはあまり聞くことはありませんねー。 この寒さでも仕事の作業状況はなぜかパ...
64y後期ビートルもう戻れません
切ってしまいました 全高1230ミリ、もう少し薄くなりそうですが予定通りくらいです。 誤算だったのが、リアトレッドですがまあいいかというくらいの問題です フレームカットしたら錆び錆びでした。 来週く...