東北地震被災者の方へ

文字でしか協力できないことが悔しいです。

我が生まれ故郷の仙台が被災です。

赤ちゃんの頃なのではっきり覚えてませんが、4年前に大事な方の葬儀に行ったときに、ここで生まれたのかーと両親と青葉城で3人で眺めてました。

あの町が?

海岸沿いみたいですが、それ以前に行ったときに道に迷い仙台空港辺りまで行ってしまったんですが、おそらくその辺を見る限り一面津波だったんでしょう。

想像する限りそんなところまでと思いますが現実に起きてましたのでこれが現実か、目で見たらもっとショックを受けるんでしょうね。

名古屋の水害のときも友達の車を見に行ったら、水没3メートルくらいで町が壊滅状態。

すべてが波で破壊されたのですから復興、再建はかなり大変と思います。

そして、家族や知り合いの死亡なども、阪神震災よりかなりの人が経験するでしょう。

とても悲しいことです、もしも自分の家族がと想像すると精神的にどこまでどうなるのか自分でも想像付きません。

しかし、悲しいからずっと悲しんでも進まないと思います。

生き残った人達は死んでいった人達から再建という任務を運命的に任された人です。

命を懸けて任された復興、再建、くよくよしていても始まらないと思います。

確かに1万人超える死者、悲しいのもわかります、悲しみで気持ちが押しつぶされないようにがんばってください。

悲しみ、絶望に負けないでください、負けたら先は見えません。

現実は厳しいです、しかし、人間は前を向いて生きていくしかないんです。

どうか負けないで生きてください。

みんなで協力して生き続けることで何かが見えると思います。

何も出来ない関西からはこんな言葉しかかけれません。

関西でも数年以内には震災が来ると思います。

そんなときもし負けそうになってれば、負けるなー、お前が負けるなといったから俺は生きてるんだーと言ってください。

お願いします。