最近はバスばかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バス専門ではありませんが、バスばかり。。。

見てる範囲では、やはりバスのほうが修復箇所が多いですね。

なぜかは、やはり車体が重いのと、ボディーのロールが多いからでしょうね。

ロールとはねじれなんですが、はしごの上に箱が乗っかってるだけだからやはりねじれる、そのはしごも強度がない、箱も強度がない、だから、この結果が、観音ドアの反対側のボディーパネルの塗料割れや、パテ割れです。

コーナや、マンホール乗り越え時などの衝撃でロールして、その力が逃げ場を失いドアが開いてしまうとか、運転席後ろの窓のゴムが浮いてしまい雨漏り、フロントウインドゥの雨漏りなどなどがあります。

特に、フロントのバルクヘッド(隔壁)がないため、力が逃げてしまうのと、踏ん張れない、ウォークスルーなんかは特にロールするでしょうね。

現在の車では、前にエンジン、フロント駆動、リア駆動、四輪駆動、たまに四輪駆動などなどがありますが、エンジンの後ろには、車体番号が刻印された鉄板があり、これが隔壁です、後ろにもあり、リアバルクヘッドとなります。

大きな箱の中に仕切りをつけるとねじれなくなりますが、ポキリと折れますが、仕切りありとなしではぜんぜん違います、1度実験してみてください。

てな感じでバスにはないためフロントの足周り、特にフロントハブ(スピンドル)のキングピン方向には力がかかり、さらに悪条件の使用、グリス切れ、経年劣化、設計ミスなどがあり、力がかかる方向になっていて良く磨耗します。

昔ではフロントのトーションバーを抜いて下げる(これはしてはいけません、車重に対して考えてから作業です)と言う強引な方法がありそれをしてる車のアームの支点ブッシュは変な方向に磨耗します、バランスよく抜いてればいいんですが、厚みが違う奴を組み合わせて組むと、ねじれの時に変な方向にねじれます、そして、変磨耗、さらに、ハブの取り付け点などに無理がかかり磨耗があります。

車高下げる時は、下げた時(接地状態)のキングピン角度を測定してから、トーションビームーの取り付け角度の計算をしてキャスター角決めてから下げるのがいいと思います。

キャスター角をつけると、バスならコーナーでフェンダーすらなくなります、ビートルにもいえます、すべての車にも言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SIMILAR POSTS:

アルファ156の対策
フロントロワーアームリア側の状態です 車的にはオーバーステア気味なんえしょうか? 車高が下がってるから正確かはわかりませんが、なかなかのオーバーステア車両で、高速コーナーでの動きはは極端でしょうね。 ...
ジムニーデフシール交換 6箇所あり
ジムニーです まあまああ手間がかかります センターデフのフロント側のシールが問題でしょうね センターでふは斜めにしなくてはフロント側が抜けません。 なかなか時間がかかりました ...
最近
久しぶりです やっと使えるパソコン購入。 これまでに何台か買ったんですが、選択が悪いのか、運が悪いのか? いろいろありました。 最近の報告です。 バスの改修作業が進行中です。 他、何台か工場内の車体...
ばすこんなのしました(最近)
サイドメンバ腐りにより切り取りました 左右交換です。 フロアパネルも張り替え半分ずつです 聞いた話によると リダクション付バスが、燃費が15キロらしいです 13キロくらいは常に走ってるみたいなんです...
23wバス、やはり、、、今後が作業が大変そう
長年あまり進んでないバスなんですが、ちょくちょく進めてるのですが、やはり想定通りという結末でした 写真は、右フロントスカイウインドウの間です 前方から1枚目と2枚目の間のボデじーパネルがよく腐るのは知...