鈴鹿第2戦終了結果

結果は最下位です。

予選21台中20位、決勝21台中21位。

今回は腕は何とかいいところまで来ましたが、まだまだですが、問題は車体です、やっと車体が悪いと言えるくらいまでの腕になりました。

初めから問題があったショックアブソーバー、前回からなんですが逆バンクからショートカットまでのコーナーでリアのハンチング(アブソーバがショックを吸収しきれない状態)が距離で言うと1メートルくらい弾む感じですひどすぎて攻め込めない。

さらにキャンバーをつける加工をしてないので、フロントはちょーどアンダーで、ハンドル陀角が120度くらい切らなくては最終コーナーを曲がれない状態なのでアンダーだからハンドルを切る、それが悪循環、タイヤが発熱して垂れる状態。

しかし、車に操られるのではなく、車を操る状態に逆転しました。

次回は7月22日西コース開催、それまでに他の車両と同じくらいのレベルになれるように部品変更、エンジン変更をしなくてはならないなーと考え中です。

先はまだまだ遠い。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください