迷いは禁物

年末にちかずくに連れて忙しさといろんなもののしわ寄せが来る、もろに来てます、自業自得です。

12月9,10日の鈴鹿クラブマンレースエントリー期限までに出せませんでした。

理由、、レースカーを走らせるためには、車を持って行ったらすぐに走れるわけではなく、それまでに各所をばらばらにして点検、交換、対策などなどでまるまる1週間はかかる。

レースをやるためには金がかかる、金のためには仕事をしなくてはならない、仕事をほっていてばかりでは迷惑がかかり、さらに遅いといわれる。

1年2ヶ月も待たせてる仕事もある、過去には自分で待つからといったくせにあるところでいろんなことを言う奴もいた。

仕事、レース??もし女の人からどっち選ぶの?だったらどちらも選ばないけどねーー。

どちらも選べない。

レースカーがセッティングが完璧に出ていればいじるところはないのでタイヤ、オイル、アライメント点検で済むから3日くらいの整備で済む。

しかし、車両データがまだない、車両メンテも1週間くらいかかる、データのためには走る必要がある、そのためには、時間、金、一番大きなものはメカニック、人的協力なしでは出来ない。

次回のレースは2日間あるが実際には3日間鈴鹿にいる必要がある。

練習1日、予選1日、決勝1日と、、、。

協力者に3日も休んでくれと言ってもそう簡単にはいかない。

しかしメカニックなしでは走れない。

出るべきか、出ないべきか、主催者に電話してエントリー遅れますと連絡すれば何とかなると思うけど、、、。

チャレンジか安全策か、、、?

こんな時どうしますか???

もし2人の女の人からどっちにするのーーと言われたらどっちもーーなんて言うかも。。

そういえばどっちもどこかえ行くでしょー??。