半水没エンジン修復、ぱーーと1

最近はいろいろな作業が重なった毎日です、最近はミニカントリーマン1300エンジンチューニングと、ミニmk-11000エンジン修復、チューニングです、今日はなぜかシャッターのキーロック部の改造なんてことをしてました、長年の知り合いの店舗のシャッターの鍵のロータリーロック部が壊れて型が古くメーカーも在庫がないとのことで他メーカーの鍵とロータリーロック部を持ってきて何とかしてくれと、、、まあ出来ないことはないけどーと寸法、規格などを比較、取り付け状態を聞いて、さー加工ですがシャッターに対しての取り付け部がイメージ出来ずしょうがないので本人に聞き取り調査です、ちょっとずれてるとか、ねじが締まらないとかで、どちらにどのようにずれてるのかが分からず計測です、、、まあーあまり規格に違いが無かったためにタップ加工や溶接で済んでよかったですが、壊れたほうにシャッタのロータリーロック部の材質はなんとハンダで出来てました、割れていたので溶接して削ればと思ったら溶接がはじいてしまいさらに解けてる???これじゃー折れるよなーーなんて設計なんだー、これぞ電化製品のソニーパソコンが4年で壊れるソニータイマーと同じじゃーん、、まあここまでしないと壊れないかーー、、まあ15年以上は持ったらしいからいいのかなとシャッターは終了。。

さてさて次は問題の半水没エンジンとカントリーマン1300、、

カントリーマンはとりあえず燃費とパワーがほしいとのことで、コンロッドは40グラム軽量、動的バランス取りでこれがまた難しくピストンピン側とコンロッドメタル側を4本同じ重量にしなくてはならなくて大変です、あまり知らない人は単純に測りに載せて4本をあわせて、重量合わせたと言いますが、実際には動いてる物なのでコンロッドボルト、ナット、メタル、ジャーナルキャップ部、コンロッド小胆部などすべてが同じでないと振動が出てしまうのです、

測り方、削り方は内緒ですが、当方でエンジンをオーバーホールしたエンジンはワーゲンでもバイクでもポルシェでも、ばらしたエンジンはほとんどは動的バランス重量あわせの方法で計測して組みつけてます、もちろんバルブリフターなどもですが、焼き入れしてる材質は出来ないので計測だけです、強度に関係ない部分があれば超硬歯で削ります。

ポートに関しても計測してから、立体イメージで削ります、空気も流体なので曲がる時には外側へ張り付くような流れ方をするためポートのアール部を削る時はスムーズに流れるように、段差がなくなるように削りますが、ミニはレースエンジンを製作する段階でシリンダーヘッドのウォータージャケット、油圧ライン、吸気、排気ポートのノーマル状態を5ミリ単位で輪切り状態のポートを図面にしてるので(立体図)、そのときに設計したレース用の図面を参考に削りました。

あとはバルブの傘部を滑らかに削り、最後にインテーク、エキゾーストマニホールドなどの段差を1ミリ以内に削り終わりです。
ブロックに関しては秘密です。

という感じで1000cc半水没エンジンも製作してますがブロックに関してはノーマル状態です、ヘッドに関しては見て分かる人は分かります、完成写真は後ほど。。